大腸内視鏡 下剤の種類が豊富な病院へ

潰瘍性大腸炎

以前の記事で、大腸内視鏡で大事なのは病院選び
お話しした下剤について
詳しく説明させていただきます。

 

前日から食事制限をして
大腸を空っぽにしてから
大腸内視鏡に挑みます。

 

大腸を空っぽにしないと大腸内視鏡検査は受けれません。
なので自分に合った下剤を選ぶのが重要になります。


下剤の種類にもよりますが、

だいたい検査の前日の夜か当日の朝に飲みます。

関連記事

 

大腸内視鏡の下剤の種類


液体タイプ錠剤タイプがあります。

私が経験した液体タイプ
3種類と錠剤タイプの
体験レポートになります。

 

広告

液体タイプの種類

 

  1. ニフレック
  2. モビプレップ
  3. マグコロール

 


これらは決まった時間内に
2リットル近くを水便が透明になるまで飲みます。

 

順調に飲んでいくと便の状態が
固形泥状水便
と変化していきます。

 

この水便が出る感じが
本当に水分しか出なくて
普段、無い感覚なので面白いです。

 

 

1.ニフレック

こんなの飲める人スゴい!
と思ったくらい。
言葉に言い表せないくらい激マズでした。

看護師さん
看護師さん

スポーツドリンクみたいな味です。

って看護師さんから聞いていたのに。

いざ飲んだら

どこがやねん!!! 

と叫びたくなるくらい本当にマズイです。

舌触り、におい、味
すべて受け付けませんでした。

もちろん、ほとんど飲めませんでした。。。

飲め切れなかった場合は
早めに病院に電話して予約の時間より
早く来るように言われます。

 

 

2.モビプレップ

まったり
した梅干しのような味

梅が苦手な人は厳しいかもしれません。


私も梅干しの酸味が苦手なので

こちらは1リットルくらいしか飲めませんでした。

飲み方


モビプレップの飲み方です。


コップ1杯
(180cc)を10分~15分かけてゆっくり飲みます。
これを6回(6杯)。



1リットル飲めたら水か透明のお茶を500cc飲みます。


この時点でまだ水便が透明にならないと
↓ 
またモビプレップを追加して飲みます。
この時、モビプレップの半量の水かお茶を飲んで終わります。
(モビプレップ2杯飲んだら水かお茶を1杯で終了。)

飲んでいき
便の色が透明になったら終了します。


3.マグコロール

こちらは祖母の検査の時に一口だけ

飲ませてもらっただけですが、


スポーツドリンクに近くて
意外とイケそうだと思いました。

私の検査の時にも、この下剤にしてもらおうと先生にお願いしたら、

女医さん
女医さん

マグコロールは大腸が綺麗になりにくいので錠剤の下剤にしましょう。

 

マグコロールは高齢者向けなのかな?

 

錠剤タイプ

 

ビジクリア
実物はこんな感じです。


少々大きめの錠剤になります。
私が初めて全部服用出来た下剤です。

飲み方


15分の間に5錠を200cc水か透明のお茶で服用します。
これを10セット繰り返します。
錠剤が大きいので1錠づつ飲んでも大丈夫です。

 

 

終わりに


はじめは液体タイプをすすめられると思います。
で、もし飲めなかったら
錠剤タイプに変えてもらうと良いと思います。

その為には下剤の種類が豊富な病院を選びましょう。


↓ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 潰瘍性大腸炎へ
にほんブログ村

 

広告

タイトルとURLをコピーしました