子宮内膜症の治療法は?

子宮内膜症

以前の記事で婦人科へ行って
ヤーズフレックス(ピル)を服用するのに


潰瘍性大腸炎の薬と一緒に

服用しても大丈夫なのか


主治医の先生からお許しが出たので
子宮内膜症の治療を開始しました。

関連記事

 

子宮内膜症の治療にはピルを使います



パッケージは、こんな感じで

 

子宮内膜症の治療は
ヤーズフレックス配合錠というが処方されます。

関連記事

 

開けると28個の錠剤が入っています。病院によっては違うピルかもしれません。

 

 

服用方法


服用方法にはいくつか決まりがあります。

 

私も最初は意味がよく分からなかったので
分からない事はその場で看護師さんに聞いてみてください。

  • 服用開始から出血があっても無くても
    24日間は服用
  • 毎日同じ時間に服用
    (忘れたら思い出した時に飲む)
  • 服用25日以降に3日連続の出血があったら
    4日間休薬

 

子宮内膜症の場合は生理を来させない方が良いので、

出血が少量であれば休薬しなくても
服用を続けた方が良いそうです。

最長120日間連続服用が可能なのでそれまで服用します。

 

不正出血は長引いたり
量が多くなったら
休薬しましょう。

服用の注意


服用するにあたって、注意点がいくつかありますので

守って正しく服用しましょう。

  • 毎日同じ時間に服用
  • タバコは吸えません
  • 他に薬を飲んでいるなら主治医に確認を

 

禁煙しないと、
このピルは服用できません。


血栓症の危険性が高まるそうです。
自分の体の為に禁煙しましょう。

血栓症は35歳以上の方や
喫煙者(1日15本以上)が
血栓症などの副作用の危険性が高まるそうです。


必ず守ってほしい事は、

毎日同じ時間に服用することです。

 

スマホのアラームで設定しておくと忘れませんよ。

 

広告

飲み忘れた場合

思い出した時に服用して、
いつもの時間にもう1錠服用します。

 

他に持病があって薬を服用している場合はその主治医の先生に許可をとってください。



私は潰瘍性大腸炎の薬
アサコールビオスリーを服用していますが

 

主治医の先生に許可をもらって服用出来ました。

 

他の病院へ行く時は

ヤーズフレックスと一緒に渡されたのがこの患者携帯カードです。

もし、風邪をひいて内科へ行ったり
持病があって定期検診があったりする時は


必ず受付で診察券と一緒に提示するようにしましょう。
もし何かあった時に対処出来るからだそうです。

ヤーズフレックスを服用していると
血栓症になる可能性があるので


携帯カードにも記載してありますが
次のような症状が出たら病院で受診してください。

 

  • 突然の足の痛み、腫れ
  • 手足の脱力、まひ
  • 突然な息切れ、押しつぶされるような胸の痛み
  • 激しい頭痛
  • 下のもつれ、しゃべりにくい
  • 突然の視力障害


忘れないように頭に入れておくと

体調が悪くなった時に早めの対応が出来ると思います。

余談ですが私の場合

治療を始めたから10か月後に
勤めていた会社を退職した1か月後に

激しい頭痛が2、3週間
週に3、4日間くらいあった時期がありました。

その時は朝起きた瞬間から痛くて
朝から痛いときは1日中痛かったです。

その時はヤーズフレックスの副作用だなんて思ってもいませんでしたし
副作用の内容も思い出せませんでした。

痛みはコメカミがズキンとしたり
頭が締め付けられるような痛みでした。

以前に患った緊張性頭痛に似ていたのですが
仕事も退職してストレスもないはずなのに、おかしいな…と思っていました。

 

関連記事


今はもう平気ですが
本当はすぐに病院に行くべきでした。

もしかしたら血栓症の
初期症状だったのかもしれません。

私の様にならないように
ヤーズフレックスを服用している皆さんは
患者携帯カードの副作用の内容を
覚えておくと良いですね。

終わりに

治療する前までは1日3回
1日目~3日目まで服用してるのに
効いてるのか、分かりませんでした。


生理痛は前よりは軽くなりましたが
一応痛みは、あるので市販の薬で
痛いときに服用すれば効くので嬉しいです。

ヤーズフレックスにも副作用はあるので自分の体の変化には注意してくださいね。

もし、異変があればすぐに病院へ行きましょう。

 


↓ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ
にほんブログ村

 

 

 

広告

タイトルとURLをコピーしました