自分に合った主治医をを見つけよう

潰瘍性大腸炎

私は潰瘍性大腸炎かいようせいだいちょうえんを10年以上患ってきて消化器内科を長い期間、通院しています。


いろんな先生に診てもらって

今までの出来事や気づいた事、などを書きたいと思います。

 

今の主治医の先生は自分に合っていますか?

その消化器内科の先生は
潰瘍性大腸炎と診断されてから
主治医を5年くらいお世話になりました。


この先生は嫌な感じで何となく
合わないなと、
たまに馬鹿にした言い方したり、

でも主治医を変える事も出来ないでいました。

 

主治医を変えるきっかけ


当時の仕事も、いろいろあった時期で
精神的に不安定になっていたのもあり
潰瘍性大腸炎を下血などで再燃しておりました。


この時期は下記の記事でも紹介しました【物を投げる衝動にかられる】と同じ頃でした。

関連記事

 

前回の通院日に

主治医
主治医

次は違う薬を試しましょう。


と言っていたのに、今回もいつもと同じ薬のままでした。


私は主治医に

これじゃ同じことの繰り返しじゃないですか!

と言ってしまったんです。


その主治医は

主治医
主治医

みさとさんは軽症だし、もっと悪い患者さん沢山いるんだから。


と強い口調で言い返されました。

その言葉を放った後、

主治医
主治医

………。


私の顔をずっと見て沈黙が続きました。


早くこの場から離れたいと思いながら
何とか診察も終了し


会計、家まで、
その言葉が頭から離れなくて
悔しくてたまりまらなかったです。


この時思いました。

内科の先生は腸の状態しか診てくれなくて心は診てくれないのだと。

広告

主治医を変えてほしい

その主治医に合うのが怖くなって
翌日、そこの病院の管理栄養士さんの所に行ったら

涙がこらえられなくなって
泣きながら先生を変えてほしいと訴えました。


看護師さんの所へ連れて行ってもらって昨日の出来事を細かくは話せませんでしたが

主治医の先生を変えてもらう事になりました。

先生を変える事は悪い事ではない


毎月通院するならなおさら

嫌な思いを毎月するくらいなら
思い切って変えちゃいましょう。


受付や看護師さん、管理栄養士さん

医師以外の病院関係者に相談してみてください。

 

主治医を変更する理由

看護師さんなど話しやすい人に
仕事の都合で〇曜日しか行けなくなりました。
と主治医の先生に言ってもらってください。


多分、主治医の変更は
そんなに少なくないと思うので
気楽に考えましょう。

主治医を変える時の注意点

先生変えてもらったから
気楽に病院に行ける!と思ったら。


新しい先生に変わると

ちゃんと引継ぎされていない場合も

私は大腸内視鏡の時には麻酔をしてもらっています。

検査の時の麻酔の事はカルテに記載されてるから
もし先生が変わっても大丈夫だと
思い込んでいたのがダメでした。


先生が変わるという事は

1から自分の説明をしなければなりません。

合わなかった薬
検査の時の注意点など


変更する時はそのことも含めて

頭に置いておくといいと思います。


↓ポチっと応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

広告

タイトルとURLをコピーしました